Pick Up

分子微生物学研究室

片山 誠一先生

分子微生物学研究室

研究の対象は、ウェルシュ菌。腸管内に存在し、腸管から外に出ると毒素を出すという特性を持っています。手術などで腸管外に出たウェルシュ菌が出す毒素は、赤血球を破壊しガス壊疽(えそ)など重篤な病気を引き起こすことがあるのです。

最も力を入れている研究テーマは、ウェルシュ菌がどのようにして細胞に付着し、病気を進行させるのかについてです。付着に必要となる結合組織と、付着する条件の解明を目指しています。また、ガス壊疽の原因となる毒素は、腸管から外に出ても必ず生み出されるわけではありません。ではどんな条件で生み出されるのか、それも研究のポイントです。

 

ウェルシュ菌のコロニー

研究を進める主な手段の一つが遺伝子操作です。ウェルシュ菌はたくさんの遺伝子を持っているため、片山先生は調べたい遺伝子のみを破壊した菌を作製し、どの遺伝子がどんな特性を持っているか突き止めようとしています。

遺伝子の働きを調べることで、菌感染などのメカニズムがわかり病気の解決に近づけます。片山研究室に来て一緒に研究し、医学に貢献してみませんか。