教員紹介

食品薬学 研究室 Laboratory of Pharmacositology

まつうら のぶやす

松浦 信康(教授)

MATSUURA, Nobuyasu

(Professor)

松浦研究室のホームページ

 

【TEL&FAX】

 086-256-9452(直通TEL)

 086-256-9757(代理FAX)

【E-mail】

 nobuyasu◎dls.ous.ac.jp

迷惑対策の為、◎を@に変えてください。

【研究室】

 B2号館3階

【担当科目】

 生物化学Ⅰ、食薬学、放射線生物学、食品化学実験

【専門分野(キーワード)】

 食薬学、糖尿病(合併症)、高脂血症およびリウマチ等の予防および治療薬

【研究の概要】

 ・生活習慣病予防および治療薬開発

  生活習慣病発症原因の1つに、食生活の変化があげられる。忘れ去られた食や世界中に残されている未利用植物資源から、動物培養細胞  や遺伝学的手法を用いて、生活習慣病予防および治療活性物質を探索し、活性本体を解明する。

 

 ・糖尿病合併症発症機構の解明

  糖尿病患者は常に高血糖状態にさらされており、生体を構成するタンパク質と糖(グルコース)が化学反応を起こしやすい環境となって  いる。これにより生成する物質群はAGEsと呼ばれ合併症発症原因とされているものの、活性本体は明らかにされていない。現在、原因物  質の特定およびその作用機構の解明を行っている。