教員紹介

臨床免疫学 研究室 Laboratory of Clinical Immunology

まつなが のぞむ

松永 望(助教)

MATSUNAGA, Nozomu

(Assistant Professor)

 

【TEL&FAX】

 086-256-9418(直通TEL)

 

【E-mail】

 matsunaga◎dls.ous.ac.jp

迷惑対策の為、◎を@に変えてください。

 

【研究室】

 B3号館3階

 

【担当科目】

 臨床免疫学実習I・II、医用工学実習、臨床検査総論実習I、臨床生理学実習II

 

【専門分野(キーワード)】

免疫学、モノクローナル抗体、マトリクスタンパク、フィブロネクチン、ウェルシュ菌

 

【研究の概要】

・フィブロネクチンの機能および構造に関する研究
 フィブロネクチンは、私達の血液中に存在する細胞外マトリクスタンパク質の一つです。フィブロネクチンは、体内で構造が変化し、異なった生物学的機能を有します。本研究室では、様々なフィブロネクチンに対するモノクローナル抗体を用い、フィブロネクチンの構造、機能、および他のマトリクスタンパク質との相互作用について研究しています。

・ウェルシュ菌のフィブロネクチン結合タンパクに関する研究
ガス壊疽を引き起こす病原菌であるウェルシュ菌は、フィブロネクチンと結合します。ウェルシュ菌が有するフィブロネクチン結合タンパクとフィブロネクチンが具体的にどのように結合するのか免疫学的手法を用い解析しています。ウェルシュ菌をモデルとし、病原微生物の接着メカニズムについて調べています。