資格・進路・就職

幅広いフィールドでスペシャリストとして活躍臨床科学コースで勉強した人は、製薬会社、試薬会社などへの就職が可能になります。臨床検査技師の資格を取得することにより医療機関で医療専門職として臨床検査を行うことができます。また、中学校・高校の教師の理科の教師になることもできます。

基礎医科学コースで勉強した人は、中学校・高校の教師、医薬品、食品一般の製造、健康機能性食品の分析や開発研究などに従事することができます。

 

臨床科学コース

病院へ 臨床検査室の中核となって、検査結果の総合的判断を行い、医療チームに的確な示唆を与える医療従事者として。
中学校・高等学校教諭へ 基礎医学の知識を持つ理科教師として。
検査試薬・機器製造企業へ 新しい検査試薬や検査機器の開発に携わり、生物化学的側面からサポートする開発者として。
衛生検査機関へ 臨床検査業務を受託する衛生検査機関において検査データの精度管理等を積極的に推進する、総合的な判断力を持つ技術者として。
大学等の研究機関へ 急速に進歩する臨床科学の研究開発を行う研究機関のスペシャリストとして。

基礎医科学コース

中学校・高等学校教諭へ 基礎医学の知識を持つ理科教師として。
医薬品企業へ 基礎医学を身につけた、技術的として。
保健所・衛生検査所へ 食品の安全性を熟知した、即戦力の管理者や技術者として。
健康機能性食品の分析・開発機関へ 食品の成分の理解から、機能性食品への応用と分析・開発ができる研究開発技術者として。
大学等の研究機関へ 基礎医学から機能性食品が健康維持にいかに機能するかを理解した、医食同源を証明できるエキスパートとして。

取得できる資格

臨床検査技師国家試験受験資格(臨床科学コース)

臨床検査技師は、医師が患者さんを診断するための様々な科学的データを提供するのが仕事です。患者さんから採取された血液や尿などの検体を分析し、生化学的成分の異常(生化学)や細菌の有無などを検査したり(病原微生物学)、脳波検査や心電図検査、超音波診断機器を使用しての検査を行います。

中学校・高等学校教諭1種免許状(理科) (基礎医科学コース、臨床科学コース) 

中学校・高校の理科の先生になるために必要な免許を取得することができます。また、通信教育で小学校の教員免許を取得することもできます。

食品衛生管理者(基礎医科学コース)

乳製品や食肉など、特に衛生上の注意が必要な食品の製造業では、食品衛生管理者の資格を持った人がいることが法律で決められています。食品衛生管理者は、このような企業内での食品製造の安全衛生管理を行います。

食品衛生監視員(基礎医科学コース)

食品衛生監視員は、厚生労働省が管轄する国家資格で、検疫所などに所属して輸入食品の検疫や監視をしたり、保健所職員として食品営業施設や食品製造業の監視、立入検査・指導など、食品衛生のさまざまな行政的な仕事を行います。

 

 

ページの先頭へ