学科の紹介

臨床生命科学科は研究への探究心を養います

21世紀の医療ニーズに幅広く対応

iPS細胞に代表される再生医療の飛躍的な発展は生物学、化学、遺伝学などの様々な基礎研究分野の成果の上に成り立ち、日々進歩を続けています。「臨床生命科学科」は、基礎医学をベースとして学び、研究力を培う「基礎医科学コース」と、基礎医学と臨床医学の架け橋となる臨床検査医学を学ぶ「臨床科学コース」からなります。

 

2つのコースで医学的知識と技術を習得し、生命科学に取り組みます。そのなかで、高度な専門技術を身に付けるとともに、研究に携わるための知識と思考力を修得し、サイエンスの基本となる研究力を養います。

 

臨床科学コース
バイオの視点から臨床科学の専門領域へ
ますます高度化・専門化していく医療現場では、より研究・開発能力や応用力を有する人材が求められています。臨床科学コースでは臨床生理学・臨床免疫学などの臨床科学を学び、生体情報を収集・解析・判断できる理学的センスを備えた臨床検査医学のスペシャリストの育成をめざします。
食科学コース
医学の基礎を学び、幅広い領域で活躍
医学の発展に伴い基礎医学研究の重要性がますます高まっており、高度な研究力を備えた人材が必要とされています。基礎医科学コースでは基礎医学的知識に精通し、医療や医薬品、食品に関連した幅広い領域で活躍できる人材の育成をめざします。

2年次からのコース選択

コースの希望者が定員以上の場合は、1年次の必修科目の成績で決定します。

ページの先頭へ