学びのフロー

学びのフロー

1年次:基礎を学び、理学部的センスを磨く

1年次:医食同源の考え方を捉える

学問の基礎となる「一般生物学」、「一般化学」、「生物有機化学」を、さらに学習目的を明確にするため「医学概論」、「分子生物学」を学びます。

2年次:生命とは何かを踏まえ、コースの基礎を習得する

2年次:生命とは何かを踏まえ、コースの基礎を習得する

基礎医学である「解剖学」、「動物生理学」などを履修します。また、臨床科学コースでは「解剖学実習」、基礎医科学コースでは「生物化学実験」が開講され、講義で学んだことを体で学びます。

3年次:専門性の高い知識と技術を身につける

3年次:専門性の高い知識と技術を身につける

両コースとも臨床検査医学および基礎医科学コースの専門科目を選択して学び、そして関連するコース専用の実験・実習科目を履修することにより、専門性の高い知識と技術を習得します。

4年次: 研究・病院実習で社会での役割を認識する

4年次: 研究・病院実習で社会での役割を認識する

特別研究・卒業研究で研究力を養います。臨床科学コースではさらに病院で臨地実習を行い、臨床検査技師の実務・役割を学びます。

 

 

 

4年間で社会人・研究者へのステップを踏み、技術者として、また社会人として社会で貢献できる知識と技術を身につけます。

ページの先頭へ