Q & A

Q1. 学科の特徴を教えてください。
A1. 生物系の中でも特に生命を中心に勉強をします。また、理学部で基礎の医学を学べるというのも特徴の一つです。研究に力をいれており、1年生から希望の研究室で研究に参加することができます。今年度は22人の1年生が希望の研究室で研究をスタートしています。また、資格取得により生物系の学科の中では就職率が高いです。
 
Q2. 就職・進路はどのようになっていますか?
A2. 臨床生命科学科は約30%が大学院へ進んで研究をしています。また、約70%が就職をしており、その就職率は毎年90%を超えます。その8割が医療関係に就いています。納得のいく就職ができるようしっかりとした知識と技術を教育しています。大学院は岡山理科大学大学院をはじめとして、国公立の大学院へも進学しています。
Q3. 中学校の教師になりたいですが、臨床生命科学科で教師の免許を取ることができますか?
A3. 臨床生命科学科では中学校・高等学校の理科の教員免許を取得することはできません。しかし、卒業後に1年間の教職特別過程に進学することにより、教員免許を取得することができます。
 
Q4. 臨床検査技師の国家試験の合格率はどのくらいですか?
A4. 毎年変動はありますが、大体全国平均と同じぐらいです。ただ、臨床検査技師の免許を必要としないところに就職する学生も多いため、とりあえず受けられるだけ受けておこうという本気度の低い学生も多く存在します。本学科では、そのような学生も将来のために国家試験に合格できるように指導をしています。
Q5. 男女比はどのくらいですか?
A5. 毎年変動はありますが、大体50:50です。
Q6. 以前、臨床科学コースと基礎医科学コースが有ったと思うのですが現在コースはどのようになっているのですか?
A6. 2022年度生から臨床生命科学科は臨床検査学コースだけの1コースになり、コースが廃止されました。基礎医科学コースは生命科学部生命科学科に移動しました。